ジョシュア ツリー 国立公園

blog_image_large_Joshua-Tree-National-Park

ロサンゼルスから最も近い国立公園。砂漠地帯特有のジョシュア ツリーが群生している。ジョシュアが天に手を差し伸べて祈りを捧げるという聖書のお話を連想してモルモン教の開拓者が名付けたとされている。

  • 【ウェブサイト】 National Park Service
  • 【ウェブサイト】 Joshua Tree National Park Association
  • 【Yelp!】 Joshua Tree National Park
  • 【時間】 日の出から日の入りまで
  • 【入場料】 車一台20ドル。7日間有効。以下の日は無料。
    • 1月18日 (Martin Luther King, Jr. Day)
    • 4月16~24日 (National Park Week)
    • 8月25~28日 (National Park Service’s 100th birthday weekend 2016年)
    • 9月24日 (National Public Lands Day)
    • 11月11日 (Veterans Day)
  • 【レベル】 初心者向きのルートが多い

<スポンサーリンク>


ジョシュア ツリー 国立公園の情報

blog_image_small_Joshua-Tree-National-Park01

Joshua Tree Visitor Center

ジョシュア ツリー 国立公園はロサンゼルス地域から最も近い国立公園。以前はアメリカ合衆国ナショナル モニュメントだったが、1994年に国立公園に指定された。

国立公園はアメリカ連邦議会によって指定するかどうか議論される。指定されると、内務省の国立公園局が管理責任を持つことになる。

上院によって承認された国立公園局長官が監督していて、環境を保護するために、さまざまな厳しい規制が課せられる。

ナショナル モニュメントは、議会の承認を必要とせず、大統領が比較的短い期間で米国内の地域を指定できるもの。規制は国立公園と比べると緩やか。

blog_image_small_Joshua-Tree-National-Park02

Oasis Visitor Center

ジョシュア ツリー 国立公園は80万エーカーという広大なエリアで、デザート ヒルズ プレミアム アウトレットから更に東へ小一時間ドライブしたところにある。

見どころはたくさんあるのだが、一日で巡れる主だったところは北部に集まっている。車で行ける見どころも多いが、ハイキング コースになっていて歩いて行くところもある。

途中から一般道になるフリーウェイ62番からだと、公園入り口として使われるのは主に2か所。料金所ともなっているウェスト エントランス ステーションとノース エントランス ステーション。

それぞれ近所にジョシュア ツリー ビジター センター(ウェスト エントランス)、オアシス ビジター センター(ノース エントランス)があって、無料で地図をもらえたり、公園内の詳しい説明を聞くことができる。その他2か所のビジターセンターがあって、公園内には合計4つある。

ロックのU2、カントリーのグラム パーソンズといったアーティストたちの歌の中でも紹介され有名になっている。

blog_image_small_Joshua-Tree-National-Park03

どこまでも続くジョシュア ツリー

ネバダ州まで広がるモハベ砂漠(Mojave Desert)とパームスプリングスから南の国境付近、アリゾナ州まで広がるソノラン砂漠の一部であるコロラド砂漠(Colorado Desert)が隣接する珍しい地域。

そのため公園の東側と西側では景色が異なる。ジョシュア ツリーが多いのは西側部分で、岩が多いのが東側部分。

ジョシュア ツリーは、学名Yucca brevifoliaというリュウゼツラン科の植物で、厳密には木とかサボテンとは異なるとのこと。

大きくなると15メートルほどにまで成長するが、1年で10センチほどしか伸びない。年輪がないので樹齢はよく分からないのだが、数百年から千年程度生きるとされる長寿の植物。

見た目は木の幹の先端にソテツが乗っているいるような風貌。自然に群生しているのだが、不思議なことに一定間隔を保って自生していて、お互い干渉しないようになっている。

blog_image_small_Joshua-Tree-National-Park04

Keys Viewからの眺め

公園内には舗装された道路も完備されていて、車移動が楽になっている。いろいろなルートが取れるところだが、ウェスト エントランスから入って、ノース エントランスへ抜けるルートを行くとすると、主な見どころは以下の通り。

1、ヒドゥン バレー トレイル

1時間ほどで一周できるハイキング コース。岩の間をすり抜けるようにして歩く変化に富んだところ。

2、ヒドゥン バレー キャンプグラウンド

大きな切り立った岩があるところで、ロック クライミングが盛んなところ。命綱はつけているが、基本は自分の腕と足だけで垂直に近いところを登っていく。

blog_image_small_Joshua-Tree-National-Park05

骸骨に見えるスカルロック

3、ベーカー ダム ネイチャー トレイル

小さなダムまで歩ける約1時間ほどのハイキング コース。砂漠の中の貴重な水を求めて鳥や動物が集まってくる、野生動物観察にはもってこいの場所。運が良ければビッグホーンと呼ばれるオオツノヒツジが水を飲みに来るのを目撃できる。

4、キャップ ロック

帽子のような岩が乗っているところで、キーズ ビュー ロードとパーク ブルバードの交差する道路の目印になる。

5、キーズ ビュー

高台にある南向きの眺めが良いところで、空気が澄んでいるときにはパームスプリングスやコーアチェラ バレーとソルトン湖などを一望できる。

blog_image_small_Joshua-Tree-National-Park06

アーチ ロック

6、スカル ロック

骸骨のように見える奇岩で、道路沿いにある。周囲の岩に登っていろいろな角度から楽しめる。岩は風化して丸っこくなっているが、表面はざらざらしているので滑りにくい。

7、アーチ ロック

文字通りアーチの形をしている。キャンピング サイトから10分ほどトレイルを歩いたところにある。ちょっと隠れたところにあるので見過ごしやすいが、小さな説明書きの看板があるので目印になる。

公園は年中無休で一年に数日間入場無料になる日がある。秋と春の開花時期がおすすめ。砂漠なので夏は殺人的な猛烈な暑さでとても長時間はいられない。40℃程度は当たり前で50℃近くにまでなることもある。逆に冬の時期は風も吹いてとても寒くなるが、防寒対策をしっかりすれば大丈夫な程度。

トレイルを歩く場合は、短いトレイルでも一応しっかり準備してから行きたい。冬でも水分、日差し対策は必要。


ロサンゼルス旅行ガイド Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ジョシュア ツリー 国立公園の地図

<スポンサーリンク>

One thought on “ジョシュア ツリー 国立公園

  1. Pingback: 砂漠のお花図鑑 @Joshua Tree - Tojo Machiko

Comments are closed.