クレープ デ パリ

blog_image_large_Crepes-De-Paris

ロサンゼルス周辺に5店舗あるクレープ屋さん。6店舗目がダウンタウン ロサンゼルスにオープン予定。お食事、デザート両方のクレープのほかサンドイッチやラテなども楽しめる。朝食が充実。

<スポンサーリンク>


クレープ デ パリの情報

blog_image_small_Crepes-De-Paris01

パサディナ店舗外観

アメリカでクレープが食べたくなったらクレープ ドゥ パリ。お食事用、デザート用のクレープが食べられる。

Savory Crepesはお食事用のクレープで、ハム&チーズ、チキンホウレン草などを挟んだクレープなどがある。Savoryは塩味の意。

Sweet Crapesはデザート用クレープで、チョコレート、バナナなど日本でもお馴染みのクレープ。

Normandieはシナモンとアップルのクレープ。日本人にはシナモンが苦手な方も多いが、アメリカではポピュラーな味。Warm Wishはアメリカ人に評判の一品。カラメルをかけたバナナにバニラアイスクリームがトッピングされている。

blog_image_small_Crepes-De-Paris02

店内の様子

パサディナ店は、オールド パサディナから徒歩数分南に行ったところにある、20世紀初頭の豪華なホテル キャッスル グリーン一階にある。

1898年に建てられた、スペイン・コロニアル建築の豪華ホテルだったところで、アメリカ合衆国国家歴史登録財にもなっている。

現在では分譲住宅になっているが、映画のロケなどでも利用されることがあったり、結婚式が行われることも多い。

お店は赤い花がアクセントで飾られていて、店内はフランスの雰囲気満点。外にはテラス席も用意されている。女性が好きそうなインテリアだが、男性でも満足できるほどボリューム満点の料理。

blog_image_small_Crepes-De-Paris03

パティオ席も

ブレア店はブレア モールからも近いブレア ダウンタウンの中にある。ブレア ダウンタウンにはブレア ゲートウェイ ショッピング センターがあって、地元民に人気のスポット。

エドワード シネマ映画館の横にあるので、すぐに分かる。パティオ席も用意されていて、ちょっとしたお茶をするにはよいところ。

ロサンゼルス ダウンタウンのウォルト ディズニー コンサート ホール裏にも今年2015年夏にオープン予定なのだが、今の段階でまだ工事中の模様。

フランス語ではクレープ ドゥ パリとなるのだが、英語読みではクレープ デ パリで大丈夫。パリのクレープという意味。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。 よろしくお願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


クレープ デ パリの地図

<スポンサーリンク>