ハリウッド クリスマス パレード

blog_image_large_Hollywood-Christmas-Parade

Ho Ho Ho ! 今年もハリウッドにサンタクロースがやってきた。巨大バルーンやマーチングバンドなどが約2マイル(約3キロ)の道のりを練り歩く。数万人の人々が沿道を埋め尽す。

<スポンサーリンク>


ハリウッド クリスマス パレードの情報

blog_image_small_Hollywood-Christmas-Parade02

レッドカーペット前の放送席

1928年にハリウッドの商店街の人たちがサンタクロース レーン パレードを企画したのが始まり。第二次世界大戦時には3年ほど休止していたが、1945年から再開されている。

ハリウッド ブルバードからバインブル バードを経由してサンセット ブルバードまでがパレードのルート。約2マイル(約3キロ)の道のり。フロート(山車)やマーチングバンドが次々とやってくる。

チャイニーズ シアターからハリウッド&ハイランドまではレッドカーペットが敷かれ、クリスマス コンサートが行われる特設ステージと地元テレビ局の放送席がつくられる。

有名人やセレブが招かれ、インタビューを受けたり、パレードを楽しむ姿がテレビ放映される。パレードは5時に始まるのだが、主にレッドカーペット周辺でのショーが行われる。

blog_image_small_Hollywood-Christmas-Parade03

有料観客席

レッドカーペット周辺には有料席が用意されている。一人45~75ドル程度。この席では有名人を間近に見ることができ、コンサートなども楽しめる。

パレードが出発するのは午後6時過ぎから。早く行き過ぎると待ちくたびれるので、タイミングを見計らって行きたい。

ハリウッドブルバード沿いは観客でごった返しているが、サンセットブルバード沿いは比較的空いている。もちろん沿道でパレードを見るのにチケットなどは必要ない。

高校や海軍などの14のマーチングバンド、スヌーピーなど5つのキャラクター、7つの馬車などの馬術チーム、14のスペシャルチームなどが行進する。

スペシャルチームにはハリウッドから出発するロンドンバス型観光バスのホップオン ホップオフや空軍のミニジェットチームなども参加していた。ミニジェットは軽自動車くらいの大きさのおもちゃみたいな戦闘機が編隊飛行をするユニークなチーム。

blog_image_small_Hollywood-Christmas-Parade01

妖精の女性たち

また、移民の国アメリカだけに国際色も豊か。日本、韓国、中国などから来た移民たちが独自の文化的なパレードをしていた。それぞれのお国柄をよく表現した素晴らしい出し物が続いた。

日本からはねぶた祭りがやってきた。ラッセーラの元気な掛け声とともにサムライのねぶたが観客を沸かせていた。テーマは津軽海峡を渡る源義経とのこと。

一般のアメリカ人にはアジア系はみんな中国人だと思ってしまうらしく、ねぶたが日本のものだと知らない人もいた。この辺り、まだまだ日本文化を紹介する余地がたくさんある。

一時間半にわたりパレードが続いた後、最後の大トリはもちろんトナカイを連れたサンタクロース。Ho Ho Ho ! Happy Holidays ! といいながら盛大なパレードをしめくくった。

周囲のパーキングはあっという間に埋まってしまうので、車で来場する方は停める場所に苦労をする。多少遠くに停めて歩いて会場に向かう。あるいは、地下鉄メトロ レッドラインのHollywood / Highland駅目の前がレッドカーペットなので、公共交通機関をつかうと大変便利。


ロサンゼルス旅行ガイド Los Angeles Trip Guide Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ハリウッド クリスマス パレード ルート

ハリウッド周辺の地図

<スポンサーリンク>