サンディエゴ国際空港からメキシコ国境へ

blog_image_large_San-Diego-Intl-Airport-to-Mexico-Border

サンディエゴ国際空港からバス(MTSバス992番線)に乗ってアメリカプラザへ。そのあと列車(MTSトローリー ブルーライン)に乗り換えてメキシコ国境までの小旅行。国境を歩いて渡ると、もうそこはメキシコ・ティワナ市。

<スポンサーリンク>


サンディエゴ国際空港からメキシコ国境への情報

blog_image_small_San-Diego-Intl-Airport-to-Mexico-Border01

サンディエゴ国際空港

1、サンディエゴ国際空港

ロサンゼルスへの直行便は東京羽田空港あるいは千葉成田空港から多くの航空会社が飛んでいる。

ところが、サンディエゴへの直行便はJALだけ。(成田から)JALはサンディエゴ国際空港のターミナル2に到着する。

サンディエゴ国際空港はシンプルな作りなので、とても分かりやすい。荷物を受け取って、外に出るとすぐにバスやタクシーを捕まえることができる。

空港からサンディエゴ市内に出る最もポピュラーな方法はバス。出口を出るとすぐにバス停を見つけることができる。

blog_image_small_San-Diego-Intl-Airport-to-Mexico-Border02

MTSバス992乗り場

2、バスに乗る

市内行きのバスはMTS(San Diego Metropolitan Transit System)のルート992番線。1時間に4~5本程度出ている。

運賃は一人2ドル25セント。お釣りは出ないので小銭を用意しておく。小銭がない方は売店などで小物を買うなどしてコインをゲットする。

バスに乗るとサンディエゴ湾の脇を通り、古い帆船Star of Indiaなどが展示されているMaritime Museumを経由してアメリカ プラザに10分程度で到着する。

ここからサンディエゴ市内にバスや路面電車が出ていて、市内観光などもできる。見どころはたくさんあるが、ミッドウェイ博物館は徒歩圏内。また、バルボア パークは一押しの観光スポット。行き方はユニオン ステーションからバルボア パークへの記事中、サンタ フェ デポからのバスの乗り方を参考にしたい。

blog_image_small_San-Diego-Intl-Airport-to-Mexico-Border03

アメリカ プラザ

3、アメリカ プラザ

アメリカ プラザはサンディエゴ ユニオン ステーション(通称サンタ フェ デポ)の横にある市内向け路面電車(MTSトローリー)やバスの中央駅。

車体が赤いので紛らわしいが、行先によってグリーンライン、オレンジライン、ブルーラインの3路線がある。

サンディエゴ各地に行くことができるが、メキシコ国境に向かうにはブルーラインに乗っていく。

時間帯にもよるが、一時間に4~7本程度出ている。駅の中にカフェや軽食を購入できる店があるので、軽く腹ごしらえをするのもよい。

blog_image_small_San-Diego-Intl-Airport-to-Mexico-Border04

MTS Compass Card

4、コンパスカードを買う

列車の運賃は駅に据え付けられている自動販売機でコンパスカードを購入する。日本のスイカやパスモのようなカード。初めて購入するときには運賃の他カード代2ドルが余計にかかる。

画面の指示に従ってボタンを押していくと、いくつかの選択肢が出てくる。片道運賃、一日パス、定期パスなど。現金またはクレジットカードで支払いができる。

ここでは一日パスを買ってみる。5ドル払うと、当日はMTSのトローリーとバスが乗り放題。片道料金は2ドル25セントなので、単に往復するだけだと微妙に高いが、バスなどを乗る予定のある方は便利。

改札はない無人駅なので、列車に乗る前に丸いタッチステーションにカードをタッチしておく。Trolly、Tap&Rideと書かれた腰くらいの高さの機械が複数個所立っている。

タッチをせずに無賃乗車をする人も何気なく乗車していく。本気でどこまで乗客を管理する気があるのかどうか分からないが、時々車掌さんがチェックしにくる。見つかって捕まってしまうと罰金が科されるなどかなり面倒になる。この辺り、旅行者が事情を熟知している地元民と同じ行動をとるのは危険。一日パスを買った人も乗車前に忘れずにタッチする。

blog_image_small_San-Diego-Intl-Airport-to-Mexico-Border05

回転ドアをくぐるとメキシコ

5、メキシコ国境

いざ列車に乗り込むのだが、ドアが自動では開かない。ドアにあるPush to open doors.というボタンを押すと開く。列車に乗ってから約40分ほどで国境の駅San Ysidro(サンシドロ)に到着する。

途中、サンディエゴ パドレスのホーム球場でワールド ベースボール クラシック(WBC)の決勝が行われた野球スタジアムのぺトコ パークがちらっと見える。有名なCoronado Bridgeの下も通る。海に浮かぶ軍艦なども良く見える。

列車を降りると、多くの人たちがメキシコ国境に向かう。メキシコに住んでいてアメリカに仕事をしに来る人も多い。To Mexicoの看板に沿って歩いて行くと数分で大きくMEXICOと書かれた鉄の回転ドアに到着。この回転ドアを抜けるとメキシコのティワナ市。パスポートのチェックなど何もなくメキシコに歩いて入国できる。

アメリカに戻る際には厳しい入国チェックがあるので、メキシコ入国前にパスポートをしっかり確認しておく。アメリカ入国はメキシコ入国と違って大変。長い列に並ばなければならない。その様子は【現地ツアー】サンディエゴとメキシコ・ティワナ観光 15時間でも触れているので参考にしたい。


ロサンゼルス旅行ガイド Los Angeles Trip Guide Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。 よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


サンディエゴ国際空港からメキシコ国境へ

<スポンサーリンク>