ベニス ビーチ

blog_image_large_venice_beach

サンタモニカから約13キロほど南に下ったところにベニス ビーチがある。ベニス ビーチは若者に人気の活気あるビーチ。オーシャン フロント ウォークと呼ばれる海沿いの自転車・歩行者専用道でサンタ モニカまでつながっている。

<スポンサーリンク>


ベニス ビーチの情報

blog_image_small_venice_beach02

筋肉自慢たちがトレーニングしている屋外ジム

ベニス ビーチ周辺で活気があるところは、ベニス ビーチ中心に位置する通称マッスル ビーチ周辺エリア。

ここベニス ビーチはボディー ビル発祥の地とも言われていて、ロサンゼルス市によって運営されている屋外ジムは有名。あのアーノルドシュワルツェネッガーも通っていたという。いつしかマッスル ビーチと呼ばれるようになった。

週末にもなると、着ぐるみでも着ているのではないかと思えるほどのマッチョマン、ウーマンが大勢トレーニングにいそしんでいる。通りがかりの観光客も野次馬のように集まり、写真を撮ったりしている。トレーニングするにも観客がいると燃えてくるらしい。

一日10ドル、一週間50ドル、年間170ドルでこのジムを使うことができる。興味のある方は以下に連絡を。
Venice Beach Recreations and Parks Office 住所:1800 Ocean Front Walk. Venice, CA 90291. 電話: (310) 399-2775

blog_image_small_venice_beach03

人通りのにぎやかな露店街

1965年にこの地で生まれたGold’s Gymは今や世界展開をするまでになっている。日本でも首都圏を中心に店舗展開している。かなり本格的な筋トレをしたい人たちが集まるジムとして有名。

オーシャン フロント ウォーク沿いにはお土産物屋さんや露店、レストランなどが軒を並べていて平日でも人が集まり活気がある。

週末にはストリート パフォーマーも出てきて大道芸をしている。ちょっと立ち止まってみても面白い。なかには金集めばかり熱心であまり芸をしない人もいたりする。

また、スケート ボードが大変盛んなところで、スケボー少年たちにはうれしいスケートパークが用意されている。

blog_image_small_venice_beach01

ベニス スケート パーク

しばらく見ていると、すごい技を繰り出す少年が出てきたりなど、なかなか見ごたえがある。技が決まると観客たちが沸いたりする。

ここは誰でも自由に使うことができるが、かなり上級者向け。また、地元の人たちにうまく溶け込まないと、場所取りなどのトラブルになったりする。お互いマナーをもって練習するようにしたい。

ここのほかにもロサンゼルス市はスケート パークを約20ヶ所ほど運営している。詳細はこちら

また、このあたりはレクリエーションセンターになっていて、テニスやラケットテニス、バスケットボール、バレーボールなどをすることができる。コートは自由に使えるが込み合っているときなどは長い時間待つことになる。

マッスル ビーチから南に1キロほど下ったところに、ベニス フィッシング ピア (桟橋)がある。ここはベニス ビーチ中心部と比べると、あまり観光客は足を運ばないエリア。

誰でも自由に桟橋を歩くことができるが、サンタ モニカ ピアのようなエンターテイメントは一切ない。かなり本格的に魚釣りをしている人たちもいて、見ていてなかなか面白い。しばらく待っていると誰かが魚を釣り上げる。結構な大物を釣り上げる人もいる。

この周辺はちょっとしたレストラン・ショッピング街になっていて、テラス席などで優雅に食事をする人たちの姿を目にすることができる。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ベニス ビーチ周辺の地図

<スポンサーリンク>