ロサンゼルス メモリアル コロシアム

blog_image_large_Los-Angeles-Memorial-Coliseum

1932年と1984年の夏のオリンピックで、開会式・閉会式の会場、陸上競技の主会場となった巨大スタジアム。さまざまなイベント会場として使用される。人気アメフトチーム南カリフォルニア大学のUSCトロージャンズのホーム。

<スポンサーリンク>


ロサンゼルス メモリアル コロシアムの情報

blog_image_small_Los-Angeles-Memorial-Coliseum01

コロシアム正面

1923年にオープンした巨大スタジアム。

ロサンゼルス ダウンタウンからもほど近いエクスポジションパーク内にある。このパークにはカリフォルニア サイエンス センターロサンゼルス自然史博物館南カリフォルニア大学などがある人気スポット。

1932年と1984年の夏のオリンピックが行われた屋外競技場。中でも1984年のオリンピックは日本でも生中継されたこともあって、今でも多くの人に強い印象が残っている。

1993年には大改装が行われた。陸上のフィールドトラックが取り払われ、収容人数を増やし、観客席が約3メートル低い位置までせり出した。そのため最前席では選手に近くなって、より臨場感を感じられるようになった。

blog_image_small_Los-Angeles-Memorial-Coliseum02

USC内のTommy Trojan(Trojan像)

2020年の東京オリンピックの次の2024年オリンピックの招致合戦は既に始まっていて、ロサンゼルスも候補に名乗りを上げている。ローマ(イタリア)、パリ(フランス)、ブダペスト(ハンガリー)、ハンブルク(ドイツ)などと争う。2017年に決定の見込み。

オリンピック スタジアムを建設して問題になるのが、オリンピック後の使用方法。

多くの国では立派なスタジアムを建設するが、継続して大観客を動員できるスポーツイベントが少ないため次第に廃れていく。ヨーロッパの一部サッカー人気が盛り上がっている国では何とか運営を維持できていると言われている。

そんな中、アメリカはスポーツ天国で、中でもアメリカンフットボールは数万人を動員する人気スポーツ。スタジアムは隣接する南カリフォルニア大学のアメフトチームUSCトロージャンズのホームグラウンドとして使用されている。USCなどアメフトの試合では最大9万4千人近い収容能力があるスタジアムに6~7万人を毎回動員する。

blog_image_small_Los-Angeles-Memorial-Coliseum04

USC vs Arizona

アメリカンフットボールはプロだけでなく大学フットボールも人気がある。

大学フットボールはプロのように統一した組織になっておらず、広い全米をいくつかのエリアに分けたカンファレンスというリーグが複数存在する。

ロサンゼルスで大学フットボールを楽しみたい方は、パシフィック12カンファレンスというリーグを主として見ることになる。

このリーグはアメリカ西部の有力12大学が参加しているリーグで、カリフォルニア州の大学としては、カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、南カリフォルニア大学、スタンフォード大学の4大学が参加している。

中でもカリフォルニア大学バークレー校のゴールデンベアーズとスタンフォード大学のカージナルの対戦は屈指の好カードといわれていてBig Gameと呼ばれる。このスタジアムでゲームが行われることもあって、そんな時にはロサンゼルス周辺のアメフトファンで広いスタジアムは満員になる。

blog_image_small_Los-Angeles-Memorial-Coliseum03

試合前のスタジアム前特設ステージ

ゲームが始まる前、スタジアム周辺には多くの屋台や特設ステージが用意される。

試合前の腹ごしらえ用に簡易レストランができたり、応援するチームのT-シャツなどのアメニティグッズを販売するお店があったりする。

スタジアム内はアルコール禁止なので、一部のスペースではビールなどを飲める特別ブースもいくつかできる。試合を生中継するモニターが設置されていて、スタジアムから聞こえる大声援を聞きながら、ビール片手に試合を楽しむ人もいる。

地元のラジオ局やテレビ局も取材に来ていてイブニングニュースとなる。試合自体の中継はESPNなど大手スポーツテレビ局が放映権を持っている。

blog_image_small_Los-Angeles-Memorial-Coliseum06

USCマーチングバンドの大応援団

アメフトの試合では、マーチングバンドによる大応援合戦も話題になる。各大学には大規模なバンドがあるが、その中でもUSCのマーチングバンドは規模が大きいものの一つ。

人気のテーマUSCトロージャンズ ファイト ソングはとても勇ましく、試合中も何度となく演奏される。ハーフタイムショーなどでは見事なマスゲームを披露してくれる。これも楽しみの一つ。

試合がない時はスタジアム内には入ることができず、周囲から写真撮影をする。それでも正面には聖火台と彫刻家ロバート グラハムによる男女のアスリートの裸像があって写真映えは良い。

中に入りたい方は、スタジアムが用意しているツアーに参加できる。火~土曜日に行われている。自分で自由に見て回るセルフガイドツアーは10:00AM~4:00PMに行われていて10ドル。90分のガイド付きツアーは10:30AMと1:30PMの2回行われていて25ドル。詳細はこちら

USCAthletics Youtube Channel

collegefighttunes Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ダウンタウン周辺の地図

<スポンサーリンク>