グランドワーク コーヒー カンパニー

blog_image_large_Groundwork-Coffee-Co

ローカルのコーヒーにうるさい人たちを唸らせるオーガニックコーヒーが楽しめる人気カフェ。朝食メニュー、サンドウィッチなども充実していて、朝のエネルギー補給にはもってこい。

<スポンサーリンク>


グランドワーク コーヒー カンパニーの情報

blog_image_small_Groundwork-Coffee-Co01

ラテとチョコレートクロワッサン。

1994年にRichard Karno氏が創業したThe Supreme Beanが始まり。2012年に現在のGroundwork Coffee Companyと名前を変えている。

ロサンゼルスを中心とする南カリフォルニアで初めてオーガニックコーヒーを提供した会社としても知られている。

現在のオーナーの一人であるJeff Chean氏は世界中を歩き回り、おいしいコーヒーを捜し歩いている。彼の口癖は”Sustainable”。

永続的においしいコーヒーを提供し続けるために、農家、流通、焙煎、カフェなどあらゆる段階で、できる限りの努力をして安心・安全なコーヒーを提供している。

グランドワークのコーヒーはさまざまな国際機関と協力していて、Rainforest Allianceからの認証も受けている。豆の袋には認証マークがついている。国際的な非営利団体で、生物の多様性を維持し、人々の持続可能な生活を確保することを使命としている。日本語のホームページもある。

blog_image_small_Groundwork-Coffee-Co02

サンタモニカ、テイクアウト店

有機肥料で栽培されたオーガニック コーヒー豆にこだわり、産地ごとにローストを微調整するなど、製造工程全体を通して他を圧倒するこだわりを持っている。

店内ではコーヒー豆の販売も行っていて、世界各地の産地が書かれたホールビーンが並んでいる。自社オリジナルのブレンドも販売されている。豊かな香りが立ち、それでいてあまりしつこくないクリアな味わいが魅力。

大量に消費される使い捨ての紙コップ対策として、グランドワークのタンブラーやコーヒーカップなどを持ってくるとディスカウントを受けられる。豆を缶でも販売していて、空になった缶を持ってくると、その場で豆を補充してくれるサービスもある。もちろんディスカウント対象。

blog_image_small_Groundwork-Coffee-Co04

朝食メニューやサンドウィッチも

数年ごとに新店舗を出店していて、現在ではロサンゼルスを中心に小型~中型の10店舗と本社兼ロースターを運営している。

テイクアウトのお客さんが多いこともあって、どの店舗も店内スペースはさほど広くはないが、軽食も充実していて朝食やランチを取りに来る人もいることから、モンタナアベニュー店、アーツディストリクト店では、ある程度の座席は用意されている。

サンタモニカのメインストリート店やラーチモント店、ベニスビーチのボードウォーク店などはほとんどテイクアウト専門。サンタ モニカ ファーマーズ マーケットにも出店を出している。また、ロサンゼルス コンベンションセンター内にも店舗がある。

どの店舗のバリスタもフレンドリーで、コーヒーに関する質問に気軽に答えてくれる。コーヒーにこだわりのある方も、自分にぴったりのテイストを探すことができる。


BeGreenCityTV16 Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。 よろしくお願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ロサンゼルス近郊のグランドワーク コーヒー カンパニー

<スポンサーリンク>