パーカーズ ライトハウス

blog_image_large_Parkers'-Lighthouse

ロングビーチ港の突端にあるステーキ&シーフードレストラン。ワインを片手に港を見ながらゆっくりと食事を楽しむ大人のデートスポット。パティオ席から望む夕暮れの風景は格別。

<スポンサーリンク>


パーカーズ ライトハウスの情報

blog_image_small_Parkers'-Lighthouse01

オレンジ色の屋根が目を引く

ロングビーチのショアライン ビレッジがオープンした1982年にできたレストラン。

3階建ての建物で、1階と2階はシーフードをメインにしたパーカーズ ライトハウス、3階にはステーキをメインにしたクイーンズ ビュー ステーキハウスがある。

周辺にはハーバー ブリーズ クルーズなど、さまざまな海のアクティビティーが盛んなエリア。十数年をかけて街の再開発も行われて、周囲には多くのレストランが軒を並べ、週末には多くの観光客や地元の人々で賑わう。

360度オーシャンビューを楽しめる最高の眺望を誇っていて、ボートやヨットが行きかう姿を見ながら食事を楽しむことができる。

blog_image_small_Parkers'-Lighthouse04

対岸にクイーンメリー号を望む

対岸にはクイーン メリー号が停泊していて、パティオ席からは美しい船体の全容を見ることができる。

前面ガラス張りなので室内からでも周囲の見晴らしは素晴らしいが、パティオ席は特に人気で、すぐに埋まってしまうので予約しておいた方が確実。

夕暮れ時などは、サンセットを楽しみながらワインやカクテルを片手に会話を楽しむ人々が多く、ちょっとした大人のデートなどにもよく利用される。

月~金曜日の午後3時~7時まではハッピーアワーで、1階のメインフロアでは特別価格のメニューが提供される。パティオ席のハッピーアワーは午後3時~5時まで。

blog_image_small_Parkers'-Lighthouse02

迫力のステーキ

一応、3階にクイーンズ ビュー ステーキハウスがあるが、1階、2階席でもあまり関係なくステーキを注文することができる。

USDAのプライムステーキはもちろんトップサーロイン、リブアイ、フィレミニョンなどなど、品揃えも豊富。

大体、10オンスの大きさで、グラムに直すと280グラム程度になる。ちょっと大きくなると14オンスのステーキになって、400グラム程度の迫力サイズ。大きすぎて食べきれない方は、フィレミニョンの7オンス(110グラム程度)がちょうど良いかも。

ステーキはサイズ指定をできる場合もあるので、食べ残すのが心苦しい方は、自分の食べられるサイズをサーバーに注文をしてみよう。

blog_image_small_Parkers'-Lighthouse03

シーフードも絶品

パーカーズ ライトハウスは基本シーフードレストランだということもあって、魚料理も多い。

Ahi Tuna(キハダ)、Yellowtail(ブリ)、サーモンやTrout(マス)などのグリル料理が人気で、あっさりしているので日本人にも食べやすい味付け。

そのほか寿司や刺し身も提供されている。もちろん魚自体は新鮮だが、日本の寿司店で食べ慣れている方は、アメリカのお寿司はちょっと違和感があるところ。

ただ、ロール物は日本でもあまり見ない独創的なものもあって、楽しくいただける。本場のカリフォルニアロールは是非とも食してみたいところ。数種類のロールが楽しめるコンビネーションもある。

blog_image_small_Parkers'-Lighthouse06

調理が見えるオープンキッチン

レストランの情報・予約サイトOpenTableや、旅行情報サイト大手TtripAdvisorなどにも表彰されたことがあって、料理には定評がある。

じっくりと時間をかけて食事を楽しむタイプのレストランなので、お客様の滞在時間は長め。そのためかどうか、注文してから料理が出てくるまで時間がかかることがある。余裕を持ったスケジュールを組んでおきたい。

3階クイーンズビュー ステーキ ハウスでは火~金曜日までジャズの生演奏がある。火~木:午後6時~9時、金:午後6時~10時。また、1階パーカーズ ライトハウスでも木、金曜日の午後6時~9時まで生演奏が聞ける。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


Parkers’ Lighthouse Youtube Channel


ロングビーチ周辺の地図

<スポンサーリンク>