ババ ガンプ シュリンプ

blog_image_large_Bubba-Gump-Shrimp

1994年のアカデミー賞受賞映画 フォレスト ガンプをテーマにしたシーフード レストラン。店内には映画に出てきたシーンや名セリフをモチーフにしたアイテムやメニューがずらり。写真はSteamed Shellfish。

<スポンサーリンク>


ババ ガンプ シュリンプの情報

blog_image_small_Bubba-Gump-Shrimp01

サンタ モニカ ピア店外観

映画フォレスト ガンプがアカデミー賞を受賞したことを受けて、パラマウント ピクチャーズがRusty Pelican Restaurants Inc.に話を持ち掛けて誕生したレストラン。

Rusty Pelican Restaurantsはニューポートビーチで大人気の高級レストランで、パラマウント ピクチャーズからライセンスを受けて、ババ ガンプ シュリンプ レストランを運営していた。

現在はLandry’s, Inc.という、レストラン ビジネスを手広く行っている会社の傘下に入っている。54ものレストランなどを運営していて、シーフード関連が得意な会社。

ババ ガンプ シュリンプ レストラン第一号店は1996年にカリフォルニア州モントレー市にできた。モントレー市はサンフランシスコから約170キロ南に位置している海岸線の美しい街。

現在では、日本を含む世界に43店舗展開している。日本では東京の後楽園のラクーア店豊洲のららぽーと店大阪のユニバーサル シティウォーク店の3店舗がある。

blog_image_small_Bubba-Gump-Shrimp02

ユニバーサル シティーウォーク店

ババ ガンプ シュリンプ レストラン(Bubba Gump Shrimp Co.)はフォレスト ガンプのその後をテーマにしたレストラン。

映画は、ちょっと知能が普通の子供よりも遅れているフォレストの少年時代からの半生を描いた作品。Gumpはうすのろとか間抜けといった意。

アラバマ州のかなりきついアメリカ南部なまりの英語を使っていて、時々聞き取りに苦労するが、それが映画全編の印象をより強いものにしている。心にジーンと残るものがある名作で、ビデオ、DVDを借りて是非とも観てみたい。邦題は「フォレスト ガンプ / 一期一会」。

映画の中でフォレストが軍隊に志願するシーンがあって、同じチームの同僚として知り合った黒人のババ(Bubba)と親友になる。彼はシュリンプが大好きで、ことあるごとにフォレストにエビの魅力を語っていた。ババはエビ漁の船長になりたいと話すのであるが、その言葉を黙って聞いていたフォレストは、ババが戦場で亡くなった後もずっとそれを覚えていた。

紆余曲折の後、アメリカに戻ったフォレストが設立した会社がBubba Gump Shrimp Companyというエビ漁の会社。ラッキーもあって大成功する。

blog_image_small_Bubba-Gump-Shrimp03

名物Shrimper’s Net Catch

映画の中ではこの会社のその後は語られていないが、フォレストはきっとレストランを開いていただろう、そしてエビのレストランならこんな感じだろうという、想像とかシャレっ気たっぷりの設定でできたレストラン。

お勧めはもちろんエビ料理で、Shrimper’s Net CatchやTraditional Shrimp Cocktailなど。エビのおいしさをそのまま頂ける。

エビを手づかみで食べるため、手が油まみれになってしまうので、テーブルにはお手拭き代わりのロールペーパーがドンと置いてある。豪快に食べよう。

Shrimper’s HeavenやForrest’s Seafood Feastはフレンチポテトとエビのてんぷらの詰め合わせで3種類のソースをつけて食べる。そのほかサラダやパスタ、ハンバーガーなどもある。パスタでは「…Of Course We Have Scampi!」がおいしい。もちろんエビ入り。

blog_image_small_Bubba-Gump-Shrimp04

映画中の名言Tシャツ

レストラン前には記念撮影できるセットも用意されている。映画中のモチーフが店内あちこちにディスプレイされているので、是非とも映画のシーンを思い浮かべながらレストランを楽しみたい。

テーブルの上に「Run, Forrest, Run!」と「Stop, Forrest, Stop!」と書いた、車のナンバープレート大のサインが置いてあって、ウェイトレスを呼び止めたいときにはStopの看板を出す。この二つの言葉は映画中でも印象的なシーンで使われている。

また、店内にはグッズ売り場もあって、「Mama always said life was like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.」などのアメリカ映画の名セリフベスト100の40位にランクインしたセリフ入りのグッズや、映画中数回出てくる「Stupid is as stupid does.」と書かれたTシャツなどが販売されている。なかなか含蓄のある言葉。

ロサンゼルス周辺では、以下の4店舗がある。


margivisualart Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ロサンゼルス近郊のババ ガンプ シュリンプ

<スポンサーリンク>