ドジャー スタジアム

blog_image_large_Dodger-Stadium

ロサンゼルスに来たら何はともあれ野球観戦!アメリカはご存知のとおりベースボールの国。ロサンゼルスにはドジャースのホーム球場ドジャースタジアムがある。4月初旬から9月下旬までがレギュラーシーズン。

  • 【ウェブサイト】 Dodgers
  • 【住所】 1000 Elysian Park Ave, Los Angeles, CA 90012
  • 【電話】 (323) 224-1507
  • 【開館時間】 試合により異なる。デーゲームとナイター。
  • 【入場料】 座席により異なる。オンラインチケット購入はStubhub!
  • 【駐車場】 20ドル
  • 【アクセス】 ユニオン ステーションとサウス ベイからバスの特別便が出ている。(詳細は記事内の説明参照。)

<スポンサーリンク>


ドジャー スタジアムの情報

blog_image_small_Dodger-Stadium01

ドジャース3塁側ベンチ

ロサンゼルス ダウンタウンにあるドジャースのホーム球場で、1962年にオープンしている。

ボストンのFenway Park(1912年)、シカゴのWrigley Field(1914年)に次いで古い野球場。ドジャースタジアムは56,000人を収容できるメジャーリーグ最大級の客席数を誇っている。

メジャーリーグの野球場はスペースの関係から外野などがいびつな形をしていることが多いが、ドジャースタジアムは数少ない左右対称の美しい野球場。

キャッチャーの後ろにはネットが張られているが、内野、外野ともフェンスがないため開放的な雰囲気で観戦ができる。内野席の良い場所では時々ファールボールが飛び込んでくる。

遠くから見ているとボールの勢いはさほど感じられないが、近くに来るとさすがメジャーリーガーの打球はものすごい迫力で飛んで来る。当たり所が悪いと大けがをしてしまうので注意する。救急隊はいつでも球場内の複数個所で待機している。

blog_image_small_Dodger-Stadium02

開会の国歌斉唱

観客を楽しませる仕掛けがたくさんあって、球場に早く着いた子供たちをグランドに呼び、一塁、二塁、三塁とダイヤモンドを走らせてくれたりする。その様子は球場の大きなスクリーンで放映されて、親御さんたちは我が子が走る姿をビデオに収めるのに余念がない。

入場チケットは事前にオンラインで購入しておくか、当日券を入場口の横にあるチケットブースで購入する。オンラインで購入する際はStubhub!で購入する人が多い。座席によって値段が異なる。

特別重要な試合でない場合には、座席には大体余裕があって、ほとんどの場合、当日券でも十分座席を確保できる。

球場に入場する際は、入り口で持ち物チェックと金属探知機のチェックがある。ペットボトルの水などは持ち込み可能だが缶の飲み物は禁止。カメラや貴重品など最小限の荷物で入場した方がよい。三脚はダメ。

blog_image_small_Dodger-Stadium05

セクション番号が書かれた看板

座席はセクション番号と座席番号があって、セクション番号は偶数(Even Sections)が1塁側ゲスト チーム側で、奇数(Odd Sections)が3塁側ドジャース側。

ドジャー スタジアムにやってくるお客さんは、ほとんどがドジャース ファンなので1塁側も3塁側もどちらもドジャース側ベンチのようなもの。

ゲスト チームのアウェイ感はものすごいものがある。ゲスト チームが三振をすると、ベートーベンの運命のテーマが流れたりする。球場ぐるみでドジャースを応援している。

なんとなくゲストチームがかわいそうになるが、ドジャースが相手チームの本拠地に遠征に行くと同じ事をされるのでお互いさま。試合そのものは当然ながらゲストチームが勝つこともあるのだが、ドジャースが負けてしまうとファンはがっくり肩を落として家に帰る。

blog_image_small_Dodger-Stadium03

ホットドッグやビールなどの売店

今ではメジャーリーグで活躍する日本人プレーヤーは珍しくなくなったが、日本人選手のメジャー挑戦のパイオニアになった野茂英雄選手は武器となったトル ネード投法で日本人のすごさを見せつけた。

日本人2人目のメジャーリーガーで、ノーヒットノーランを2度達成するなど、メジャー通算123勝を挙げた。彼がはじめに所属したのがドジャースで、ロサンゼルスに住む日本人をどれだけ勇気づけたかわからない。

日本のプロ野球はセ リーグとパ リーグの二つのリーグで優勝を争うが、野球の本場アメリカは球団の数も多いので、全部で6つのリーグに分かれている。

まず、アメリカンリーグとナショナルリーグの二つがあって、それぞれ西地区、中地区、東地区の三つに分かれる。

それぞれの地区には5つの球団が所属している。球団数は全部で30球団ということになる。ドジャースはナショナルリーグの西地区に所属している。ナショナルリーグには指名打者制はないので、ピッチャーも打席に立つ。

blog_image_small_Dodger-Stadium04

子供たちの遊び場も

レギュラーシーズンとポストシーズンと二つのシーズンに分かれていて、その後、各リーグの優勝チームがワールドシリーズと呼ばれる優勝決定戦を行い、最終的にワールドチャンピオンが決まる。

4月初旬から9月下旬にかけてレギュラーシーズンが行われ、各チームが162試合を戦って地区優勝が決まる。

当記事執筆時は147試合を消化した段階でドジャースがトップを独走中。2位にジャイアンツ、以下ダイヤモンドバックス、パドレス、ロッキーズと続いている。

各地区優勝チームによるポストシーズンが10月初旬からトーナメント形式で行われる。トーナメント戦では各段階ごとにディビジョンシリーズ、リーグチャンピオンシップシリーズ、ワールドシリーズと呼ばれている。

blog_image_small_Dodger-Stadium06

ドジャースタジアムへの特別バス

ドジャー スタジアムまでのアクセスはあまり良いとは言えず、スタジアム自体が高台にあることもあって、ほとんどの人は車で向かう。

車がない方はバスが利用できる。試合がある日に限ってDodger Stadium Expressという特別便が運行されている。観戦チケットを持っている人は運賃無料。

ユニオン ステーションとサウス ベイからの2便が出ている。

ユニオン ステーションから出ている便は、パトサウラス トランジット プラザではなく、アラメダストリート側出発。10分間隔で運行されていて、プレイボールの90分前からゲームが進んだ3回の表裏くらいまで出発している。

スタジアムの外野センターフィールド側とキャッチャー側のトップデックの2か所にとまる。帰りは試合終了から45分間ユニオンステーションに向けて帰宅便が用意されている。スタジアムに到着した場所と同じところから出発。

サウス ベイから出ている便は、メトロ シルバーラインと同じハーバー ゲートウェイ トランジット センター (Harbor Gateway Transit Center) の9番停留所から出発する。プレイボールの2時間前から15分間隔で運行。外野のライト側にとまる。帰り便は試合終了から5分後から45分後まで運行されている。スタジアムに到着した場所と同じところから出発する。


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ダウンタウン周辺の地図

<スポンサーリンク>