サンタモニカ ピア(桟橋)

blog_image_large_santa_monica_pier

ロサンゼルスに着いたら、何はともあれ一度は必ず訪れたい定番中の定番。レストランや露店、小さな遊園地・水族館・ゲームセンターがある。先端付近では釣りまでできる。エンターテイメントが盛りだくさんで、歩くだけでも楽しい。

<スポンサーリンク>


サンタモニカ ピアの情報

blog_image_small_santa_monica_pier01

パシフィック パーク正面

1909年、元々は下水をパイプラインを通して沖に捨てるために作られた桟橋。後に下水処理は中止されて、1916年からアミューズメント パークが作られ始めた。

桟橋中ほどにはパシフィック パークという小さな遊園地がある。ジェットコースターや観覧車など一通り揃っている。

入場無料で好きなものだけ乗ることができる。乗り物ごとに料金を払う。昔ながらのアーケードもあったりして小さな子供から大人まで楽しめる。

観覧車はちょっと小さめ。そのためかどうか結構なスピードでまわる。

この近辺には軽く食事ができるスペースがたくさんあるので、歩きつかれたらちょっと一休みするのもよい。お土産屋さんがあったり、粘土細工で似顔絵を作ってくれるサービスもあったりして、覗くだけでも楽しい。

blog_image_small_santa_monica_pier03

ルート66の終点サンタ モニカ

1926年に開通したアメリカ初のルート66 (国道66号)。シカゴからサンタモニカまでつながる全長3755キロもある一本道。終点を示す看板がある。

ルート66は今でも現役で使われている部分が多い。一時期代替するフリーウェイができたりしたため廃れてしまったが、沿道には古きよきアメリカを感じることができる名残りが点在していて、現在では旧国道として景観街道として保全されている。

ドライブのルートとしても人気が高く、長く伸びた一本道を走る開放感を一度は味わってみたい。ドライブするときには併走するもっと快適なフリーウェイができたりしているので、賢く使い分けする。

ルート66グッズは今でも大人気で、Tシャツから小さなプレートまであらゆるものにデザインされている。ロサンゼルスのお土産として購入する人も多い。

blog_image_small_santa_monica_pier02

ライセンスなしで誰でも釣りが楽しめる。

桟橋突端には釣具屋さんがあって、釣り竿のレンタルもしてくれる。

釣りを楽しんでいる人々をしばらく眺めていると、次から次へと魚を釣り上げている。中にはなかなかの大物を釣り上げる人も。

カリフォルニアで釣りをするときには、ライセンスを購入する必要があるのだが、公共の桟橋に限ってはライセンス不要で釣りを楽しむことができる。

釣り上げた魚は持ち帰ることもできるのだが、サンタモニカ周辺の海は環境が悪化しているため、ここの魚は食用には向かない。

Office of Environmental Health Hazard Assessmentによると、このあたりはRed Zoneに指定されている。詳細はこちら

そのほか、サンタモニカ ピアには小さな水族館 (Santa Monica Pier Aquarium) がある。

ちょっと見つけにくい場所にあって、ピアの上ではなく下にある。ピアの入り口付近にメリーゴーランドがあるが、その下あたり。階段を下りていく。ピアの下にはオーシャン フロント ウォークと呼ばれる海岸線に沿った小道があって、この小道側に入り口がある。

主にサンタモニカ近海の水生生物を展示している。体験型の展示もあって子供が歓声をあげながら喜んでいたりする。この水族館はサンタモニカの環境を守る活動も行っていたりしている。海の生き物の生態を分かりやすく解説している。

Santa Monica Pier Aquarium

  • 【ウェブサイト】 Santa Monica Pier Aquarium
  • 【住所】 1600 Ocean Front Walk, Santa Monica, CA 90401
  • 【電話】 (310) 393-6149
  • 【入館料金】 大人5ドル程度。最低2ドル。(寄付を受付けている。) 12歳以下無料。
  • 【開館時間】 午後2時~午後5時 (火~金曜日) 、午後12時半~午後5時 (土、日曜日) 月曜定休

また、この水族館の向かいには自転車レンタル屋があるので、オーシャン フロント ウォークをちょっと走ってみるのもいいかも。日中は日差しが強くてかなり体力を消耗するので、日差し対策、水分補給などは忘れずに。涼しくなる夕方から挑戦するのが良いかも。自転車、ローラーブレード 7ドル(1時間)、18ドル(1日)。午後7時まで。


California Travel Tips Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


サンタモニカ周辺の地図

<スポンサーリンク>