アーバー コレクティブ

blog_image_large_Arbor-Collective

ベニスビーチに本店があるスノーボード、スケートボード専門ブランド。木目を生かしたデザインで人気がある。自然環境に配慮したものつくりを心掛けていて、材木を使用するビジネスだけに植樹などにも取り組んでいる。

<スポンサーリンク>


アーバー コレクティブの情報

blog_image_small_Arbor-Collective01

ベニス店舗外観

1995年からスノーボードを作り始めた。アメリカでの認知度はかなり高いブランド。1998年からはスケートボードも作っている。

日本でも最近になってアーバーのスノーボードを使っている人をちらほら見かけるようになっては来ているものの、まだまだ知る人ぞ知るブランドといった感じ。製品ラインアップは豊富で、さまざまな雪質やシチュエーションに合わせたボード選びをすることができる。

冬でも暖かいイメージのロサンゼルスだが、車で1時間ほど行った山中ではスキーやスノーボードを楽しむことができる。

いくつかのスキー場があるが、最も近場のMountain High Resortや、Snow Valley Mountain Resort、スノーボーダーに人気のBig Bear Mountain ResortsSnow Summit Mountain Resortなどがある。

夏場はハイキングや自転車、ゴルフ、キャンプなどのアクティビティーが人気。高原の爽やかな空気が心地よいところ。

blog_image_small_Arbor-Collective02

その場でカスタマイズしてくれる

スケートボードは大変な人気で、売り上げとしてはスノーボードよりも大きくなっているとのこと。

スケートボードにもいろいろ種類があって、大きさの違いにより主にショートとロングがある。

スケートパークなどでトリック(技)を楽しむためのショートスケートボードは、大小さまざまな大会も開催されるほどの人気で、バンズ US オープンでもスケボーの大会が開催されていた。大変多くの人気スケボーブランドがある。その中に混じってアーバーもよく見かける。

スケボー少年に話を聞いてみると、アーバーは憧れのブランドの一つだとのこと。品質重視の高級路線をとっていることもあって、多少値段は高めの印象。親にねだってもなかなか買ってもらえないブランド。

一方、アーバーがダントツに人気なのはロングスケートボードの分野。ショートよりも大きくて長いスケートボードで愛好者も多い。アーバーは乗りやすいということで評価は高い。この辺りスノボーで培ったノウハウが存分にロングの制作にも生かされている。

細かいトリックには不向きだが、直進安定性に優れている。一蹴りでかなり進んでくれるので、長距離を移動するときなどは楽ちん。ちょっと大人になって落ち着いてスケボーを楽しんでいる人や女性にも人気。また、ボード自体が大きくて安定しているので、スケボー初心者にとっても取り掛かりやすいボード。

blog_image_small_Arbor-Collective03

ロゴ入りアパレルも人気

ロサンゼルス近郊にはベニスビーチの他にサンタバーバラにも直営店がある。以前はベニスビーチの海沿いの歩道オーシャン フロント ウォークに面したところにも店舗があったのだが、本店と近すぎることもあって閉店した。

直営店でなくてもアーバーのスケボー、スノボーを扱うレイスポーツシャレットなどスポーツ用品店は多く、ロサンゼルス周辺ではどこでも手に入る。

大きめのサーフィン店でも扱っていることも多い。サーフィン、スケボー、スノボーは共通して興味のある若者も多く、同じようなスポーツ文化を共有していることもあって親和性が高い。

アーバー取扱店のディーラーの検索はこちら。


Arbor Collective Youtube Channel


応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ベニス ビーチ周辺の地図

<スポンサーリンク>