アクアリンク

blog_image_large_AquaLink

夏の間だけ運行するロングビーチ港を周遊する水上タクシー。港内の4つの停泊所を順に巡っていく。ちょっとしたクルージング気分を味わえる。今年2015年は5月22日~9月7日まで。

<スポンサーリンク>


アクアリンクの情報

blog_image_small_AquaLink01

パシフィック水族館近くの4番ドック

アクアリンクはロングビーチ トランジットが運営する水上タクシー。ロングビーチ湾の中心ショアラインとシールビーチ手前のアラミトス湾を結ぶ。

他にも、もう少し小さな船で、狭い範囲を周遊する水上タクシーのアクアバスも同時に運行している。

ロングビーチ トランジットは市営のバス会社で、一般の乗合バスがメインのビジネスだが、ロングビーチ周辺を無料で周遊するバスロングビーチ トランジット パスポートも運行している。

リゾート島として人気のカタリナ アイランドがロングビーチから目視できるところにある。ここまでの高速船を運行しているCatalina Expressという会社が、実際にはアクアリンクの船を出して運行している。運営主体はロングビーチ市ということで、運営に税金も使われているが、Catalina Expressの船長やスタッフが、カタリナ島行きの高速船とアクアリンクを兼任したり交代しながら業務にあたっている。

blog_image_small_AquaLink02

お手洗い付

料金は片道5ドルで、パシフィック水族館横の4番ドックから乗船する場合には、アラミトス湾ランディングまでの料金。

周遊したい場合には、アラミトス湾ランディングで、改めて乗車料金がかかるので、合計10ドルかかることになる。片道約1時間で、周遊すると停泊所での時間調整も含めて2時間~2時間半の行程。

2艘のアクアリンクが往復しているので、一つの停泊所からは約1時間に1本くらいの割合で出航していることになる。

停泊所は、1 – パシフィック水族館横の4番ドック、2 – クイーンメリー号、3 – ベルモント ピア、4 – アラミトス湾ランディングの全部で4つ。

あまり揺れない双胴船で、船内にはお手洗いとミニバーもある。ミニバーではスナックやコーヒー、ビールなどを購入することができる。料金は普通のコンビニ程度か微妙に高いくらい。コーヒー一杯1ドル50セント。

船内は冷房が効いていて、暑い日には助かる。と言っても、ほとんどの人は船の前か後ろの展望スペースに出て、海風を受けながらクルージングを楽しんでいる。帰りのアラミトス湾ランディングからパシフィック水族館横までは、かなりのスピードが出る。船の先頭に陣取って、映画タイタニックの有名なシーンのように立つとかなりの大迫力。興奮のあまりヒャッホーと大声をあげる人もいる。

blog_image_small_AquaLink03

アクアリンク船内の様子

元々ロングビーチ湾は入り組んでいて、大型船やタンカーが入港するにはもってこいの地形だが、沖合に巨大で長い堤防が築かれていて、湾内の波はかなりおさえられている。

豪華客船のホーム港になっていたり、堤防の内側に石油タンカーなどが停泊しているのを目にすることができる。湾内に小さな島が点在していて、タンカーはその島に横付けして石油をおろしている。島と本土はパイプラインでつながっている。

ロングビーチ港からは、クジラ見物ツアーなどの船も出ていたりして、海のレジャーの拠点となっている。

アクアリンクは一応水上タクシーだが、時間があまりなくて本格的なクルージングができない方にとっては、手軽なレジャーになっている。ボートに馴染みのない小さな子供たちには大変な反響。(2歳以下の乳幼児は無料。)運が良ければイルカやアシカなどに出会うこともある。

watertaxi-map-large

停泊所リスト

  1. AQUARIUM (DOC 4)
  2. QUEEN MARY
  3. BELMONT PIER
  4. ALAMITOS BAY LANDING

応援お願いします!

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックいただくと当サイトのランキングが上がります。
よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ br_c_4862_1


ロングビーチ周辺の地図

<スポンサーリンク>